審美歯科は歯の美しさを常に追求している

審美歯科は歯の美しさを常に追求している

これまでの虫歯や歯周病などの治療の他に「美」という視点を追加した歯科治療が審美歯科なのです。
虫歯や抜歯といった一般的な歯科とは異なっており、歯の美容を追求しているクリニックとなります。

 

2種類の施術が歯を削ることなく歯の色を白く綺麗にそして美しくするために行われます。
歯を白くするホワイトニング、そして歯垢を除去することの出来るクリーニングに分けることが出来ます。
見せかけの美しさだけを求めているだけでは多くの人が審美歯科に興味を持っているのですが、それではいけません。
歯が美しくなったら、外見だけの美しさだけではなく心も美しく人生を送ることが大切なのです。

後払い.com
http://www.xn--n8jwkxa0a7ii9c4p3868as9bgoq2xbm7a266h.com/%E5%BE%8C%E6%89%95%E3%81%84.com%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88



審美歯科は歯の美しさを常に追求しているブログ:20/6/29

減量を始める前のあたしは…
「12時になったらお昼食を食べるのが当たり前」
「お腹が空いたら食べるのが当たり前」
「安いがお菓子あったら買い置きするのが当たり前」
「ごはん大盛りが無料なら大盛りにするのが当たり前」
…そんな生活を送っていました。

すでにこの時点で「ん?」と思う人もいるでしょうね。

私にとって「当たり前」でも、
他の人にとって「当たり前」になるとは限らないんですよね。

例えば…
「大盛りが当たり前」
「まとめ買いが当たり前」
これってオトク感を考えると、良い選択のように見えます。

定食屋などではほとんどがごはん大盛りはサービスですから、
どうせ同じ料金を払うなら、
ごはんの量は多い方がいいに決まっています。

まとめ買いも、せっかく安いお菓子を見つけたなら、
たくさん買っておいてストックした方がいいですよね。

でもこれらの「当たり前」って
節約生活と言う観点で見ると正しい「当たり前」なのかもしれませんが、
減量や健康を考えた場合は、
必ずしも良いとは言えないんです!

それになんと言っても、
「買わない」ことが一番の節約です。

また定食でごはんを大盛りにすると
糖質を大量に食べ過ぎてしまうため肥満に直結します。

これでは
せっかく美味しいごはんを食べたのに、
「太ってしまう」と後悔したり、
さらに悪化すると糖尿病などを発症させる要因になってしまったりします。

つまり
短期的には同じ価格でより多くの食事ができる、
「大盛り」を頼む方がオトクなわけですが…

長期的な健康、減量などといった見地から見ると
必ずしもそうとは言えないんですね。

明日はいい日かな〜

ホーム サイトマップ